リメイク艶カラー

こんにちはこんばんはおはようございます

鎌ヶ谷店の鵜澤です

今回のブログはどちらかというと美容師さん向けになります(長くなりますがご容赦ください)

今回は、数日前に上げたブログにもある通り、新規のモデルさんがきてくださったので奮闘してまいりました

まずbeforeから

インナーカラーの履歴、だけではなく、所々の黒染め履歴やトーンダウン履歴、そもそもブリーチワークがまともにはされていない状態、ですね

ブリーチ回数は過去に10回ほどされていたようで髪の毛に体力はほぼありません

ここで大事なのはカウンセリングです

ここで過去のブリーチ回数やトーンダウン経験を聞き逃すと、

あぁ、トーンムラがあるのか、よしブリーチ一気にやってムラをごまかしちゃえ

なんてことに繋がりかねません

なんならお断りされることも珍しくないですし

さて今回のオーダーは

インナーの紫に表面は暗めのシルバーのようなグレージュのような、と

そしてこのまま紫を入れても紫にはならないですし、なったとしても色落ちが好ましくないものになります

なので

この状態から

色素だけ抜きました

この時点でダメージはほぼありません

さて、残留、履歴を見える化したわけですが、やはり黒染め恐ろしい

ここで色を入れるわけですが注意すべき点です

  • ・ピンクっぽく残っている所は黒染め履歴の為、青or緑を補色にする
  • ・黄色の所は履歴無しの為、紫を補色にする
  • ・茶色い所はトーンダウン履歴の為、青を補色にする
  • ・それぞれの補色が他の部分に強く出過ぎると、緑になったり青になったりする為、その場合のそれぞれの補色を足す

こんな所でしょうか

ではいよいよ仕上がりになります

表面はフォギーグレージュ、インナーはディープブルーヴァイオレット

色落ちとしては、表面はベージュ、インナーはホワイティシルバー

になります


ブリーチで1度出来てしまったダメージやトーンのムラはほぼ治せません

完全に塗り分けるのは不可能ですし、色ムラが多い時点でかなり難儀です

なのでカラーで1度全てを統一させ、その色落ちでベースを整える必要があります

ブリーチはとても繊細かつ高難易度の技術です

今後の事もしっかり見据え、考えた上でやりましょう。。

では長くなりましたのでここら辺で終わりにしたいと思います

最後まで読んでいただきありがとうございました

一人ひとりのお客様にしっかりと向き合い、施術の丁寧さが際立つ「ラピッシュ鎌ヶ谷店」では、感染防止のため、消毒・換気・マスク着用・お席間隔確保を徹底しています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。